えかきのつまが日本初上陸で驚いたことは、クリスマスは休みではない
アルゼンチンの実家にて 松は父が植林してたので毎年手ごろな大きさを切ってクリスマスツリーを えかきと長男のタケル

ブエノスアイレスの友人の娘さん

 

 

アルゼンチン生まれ育ちのえかきのつまが日本へ来て驚いたことは多々あります

 

その一つがクリスマス、国教の違いにあるのでしょうか?

 

アルゼンチンは主にクリスチャンが多い国

日本は神道の信者数8890万人(48.6%),仏教が8480万人(46.3%),

キリスト教が190万人(1%)、その他の宗教団体の信者740万人(4%)である(イスラム教、バハ-イ―教、ヒンズ教、ユダヤ教)だそうです

バハ-イ-教?聞いたことがない宗教、初めて聞く

人生には初は一体何種類あるか想像もできない

 

      バハ-イ-教とは?

 

バハー・アッラーフと名のったイラン人ミールザー・ホセイン・アリーMīrzā Ḥoseyn ‘Alī(1817‐92)がはじめた宗教。彼はテヘランの名家に生まれ,1844年セイエド・アリー・モハンマドのバーブの宣言後に初期のバーブ教徒になって指導的役割を果たしたが,52年の大弾圧で逮捕,投獄された。その後家族とともに国外に追放され,63年にバグダード近郊においてバーブが予言した〈神が現し給う者〉であると宣言し,それからまもなく新宗教の布教を始めてバーブ教から離脱し,バーブ教徒の大半は新宗教を受け入れた    コトバンクよりとある

 

商業的に飾り付けは素晴らしい、特に大都市では

でも12月25日が休日ではないのにびっくり

習慣の違いかも知れませんが、日本では家でツリ-の飾る家は滅多とない

24日に家族が集まりお祝いもしない

 

      CHRISTMAS クリスマスとは?

 

Christがクリスト、masはミサ(礼拝)という意味

世界のクリスト教国ではクリストの降誕(こうたん)をお祝いする日

 

日本で年賀状を送るように外国ではクリスマスカードを

 

「Merry Christmas& a Happy New Year!!!」と

 

 

クリスマスソングを聞いていると、横で絵描きがイライラすると文句を言う

それだけ生まれた国が違えば、価値観も違うのである

えかきがいない時に昔のアルゼンチンに住んでいた頃のクリスマスを懐かしむことにしょう

何が正しくて、正しくないかは誰にも決められないと考える

何故相手のすることに不機嫌になる?

あぁ~嫌になっちゃうなぁ~

 

1984年には娘を里帰り出産した

今の様に便利な世の中ではなく、女の子生まれると妹が日本、京都にいたえかきに電報を打った

でえかきは勘違いして年賀状にクリスマスイブに長女誕生と書いた

本当はクリスマスイブではなく、12月21日に生まれた、どちらから読んでも1221,アルゼンチンではカピクアという

 

京都に10年住んだ折にはクリスマスツリーを飾った覚えはない

 

一時アルゼンチンへ戻った

日本とアルゼンチンでは真逆の季節、真夏のクリスマスに冬のクリスマス

クリスマスに近い娘の5歳の誕生日はアルゼンチンは真夏、スイカケ-キにしたことが、日本ではモロゾフのあの頃真っ黒い爆弾というケ-キでお祝いしたことも

娘婿が写真を見たりその話をすると可哀そうだと悲しくなるそう

でも思い出には刻まれていて、忘れることができないのはある意味いいのではと親として感じるが

えかきは経済的にはいつも裕福ではないので、誕生ケ-キも買えなかったのか?と悲しくなる婿

 

娘の5歳の誕生日のケーキ

 

時代が前後しますが、娘がまだこの世に存在してないころ

 

思い出しました!!!、京都に住んでいた頃、友人の誕生日は7月、日本では夏でスイカのケ-キをサプライスで

クリ-ムでスイカをカバ-した

ハッピ-バ-スディを歌った後にケ-キカット

ハッキリ覚えていないが多分友人はびっくりした?、写真は残ってます、それも私が大好きな白黒写真

 

 

1983年は丁度40年前、娘はまだいない

 

1983年7月友人の25歳の誕生日パ-ティ-えかきのつまの意味ありげな表情 姑と京都で10年間同居 姑も若い、みんな若い!

1983年7月友人の25歳の誕生日パ-ティ- えかきのつまの意味ありげな表情       姑と京都で10年間同居     姑も若い、みんな若い!

 

 

 

さてさて、ケ-キの中身は? そういえば友人は左利きでした ナイフが肉切り包丁、、、

 

 

タケルはスイカを食べているよう ヒトシはクリ-ム? こんなこともしたなぁ~と懐かしむえかきのつま

 

 

 

福山へ住み始めて30年程になりますが、数えるくらいしかツリ-を飾ったことはない

 

娘の誕生写真に残っているクリスマスツリー、沼隈町能登原のころ

 

ミルタ13歳の誕生日

 

えかきとの結婚からこの時で21年

新婚旅行はアルゼンチンの北部へ

 

友人たちに良く笑いなさいよと言われてた

 

笑わない、いつも笑わなかった訳ではないが、、、

 

そう言えば身近に娘たちの家族がツリ-を飾り、サンタクロ-スも来ていた

 

許可なしで写真アップごめんなさい

怒られるかなぁ~?
对不起

 

 

 

両親がえかきのつまが結婚した歳に誕生日プレゼントにはアルバムを

でこの添え書きが

 

娘は親の願いを叶えたかは自分ではわからないが周りに問うことの方が確かでは?

 

現在ではもう金婚式が目の前

なんて時が過ぎるのは早かったのだろうと実感するえかきのつまである

クリスマスツリーがソングがと言っている場合?

ではないのである

命ある限り一生懸命生きると思うこの頃である

 

ヒトシの保育園の演劇役 熊のお父さん
前日には熱を出したっけ~
小川憲一豊実描く
板に油彩

 

小川(松ノ下)マリアイネス拝

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事