格好いいシェフ役のソンギュンのパスタの演技見たが、亡くなっていた
阿伏兎観音
小川憲一豊実描く
板に油彩

 

アルゼンチン、ブエノスアイレスで学生の頃バスに乗っていると韓国の方に韓国で話されたり、

下関から釜山へフェリ-で行った時も疑いもせずに韓国人に思われお風呂で話されたり、

中国で武夷山へ行った時にも娘婿がえかきのつまを韓国人と紹介されてもそのように疑いもせずに信じる人たち

もしかしたら先祖は韓国人かも思うほどである

大勢の方たちが韓国を嫌うが、えかきのつまはそうではない

心が通じ合う事が多々あるのである

韓ドラに夢中で、はまっている私は胸を打たれるのは似た感情の持ち主だからか

えかきに言わすとアルゼンチンも韓国も大陸なので考えが似ていて、理解できることが多いなのではと言う

 

会ったこともない韓国の俳優LeeSon-Kyun(イ.ソンギュン)

 

第72回カンヌ国際映画祭にて
イ.ソンギュン

 

初めにパスタ(恋が出来るまで)でイ.ソンギュンに出会った、格好いいシェフ役を演じている

アルバイトでキッチンへ行ってるので何となく親しみを感じながら見た

その後にコーヒ-プリンスを

 

 

あまり目立たなかったソンギュンでしたが、、、

 

 

友人と何か調べようとネット検索したらLeeSon-Kyunが昨年亡くなられと、それも自殺の疑いがあるらしい

ビックリした

ショックでした

身内でもないのだけれど悲しく、色々考えさせられた

彼が出演している亡くなられたと知ってから「パラサイト半地下の家族」を見てパスタやコーヒ-プリンセスとは違ってとっても暗い映画でした

長男のタケルも舞台俳優をやっています

 

松ノ下(小川)タケル
Image
ACTOR ネクストタレントプロモーションTV_フジテレビ_ラヴソング_NHK 大河_軍師官兵衛_関西TV_チームバチスタの栄光_舞台_川岡が来ないZ_うどん_壁に挟まった男_引き結び_プラネタジャッジ_絶望と握手_ミキティ_Zスタジオ_ライトニングHPL_白と白のセレナーデ_遠心力の求め方_etc
嬉しそうな結婚の時

 

 

イ.ソンギョンはタケルより一歳上

有名な俳優は悩みを抱えて生きているのでしょうか?

あの素敵な笑顔から自分から命を絶つなんて想像もしなかったえかきのつまである

 

韓国は自殺率が世界でもっとも高い国だそうです

社会的、経済的圧力が大きいことが起因となっている

激しい苦労と闘争の日々から抜け出す方法を見つけられずそして周りには自分の状況を理解してくれる人もおらず、、、

そんな苦しみから解放されたい一心で、最後の選択として人生の終わりを選ぶ人が多いのだとか

Park Yong-ha(パクヨンハ)も自殺してた、14年も前に、知らんかった

 

そういえばえかきのつまは主役のペヨンジュンより好きだったと思い出しています

 

美しい青年パク・ヨンハの最後の願い

 

 

   パクヨンハの一番の親友だったソジソプ

 

ソジソプはパクヨンハの一番の親友として知られていて、パクヨンハのお葬式会場をずっと守っていたそうです

 

人は必ず死にますが、この写真のソジンプの様に悲しいものです、ましてや若くして自分で命を絶たれるとやりきれない気持ちになります

一度しかない人生なので大切に生きてほしいと思うえかきのつまです

 

マイディアミスター(私のおじさん)Lee Son-Kyun主役の韓国ドラマも仕事休みに16話観賞

ちょっと暗い感じだけれど、人のつながりや温かさを伝えてくれる、えかきのつま的には感動する場面が多々あり、胸が締め付けられたり、笑えたりでした

 

彼の魅力は何処かしらと考えながらその世界に入って

個人的にはハンサムだとは思わないが、やはり声がとっても他の俳優と違って魅力的だと

今はもうこの世にはいないと思うととても残念に感じるのである

妻と二人の子を残して逝ってしまうなんて心が乱れて感情が揺れ動く

切ない

 

イ.ソンギュン主役の映画「最後まで行く」(Hard Day)も見た

色々な役をこなしてきたのだと感心する、

Hard Dayはアクションでした

遺作となったイ.ソンギュンの「脱出:Project Silence」もいつか見てみたいと考えている

 

冬のソナタ

 

冬のソナタブ-ムから何年経ったかしら?

パクヨンハを偲んで彼の歌を聞いています

日本語で歌っている曲いくつもある、何故か切なくなります

冬のソナタをもう一度観ようかしら?

年を召してからは他の角度で観られて色々考えさせられると思う

 

自殺に追いやられる気持ちは分からないでもないが、個々がどうか精一杯生きてほしいと説に願う

 

小川(松ノ下)マリアイネス拝

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事